講演会・イベント情報

市民公開講座       (2017年3月2日 掲載)
「シリーズ 難治性がんに挑む! Part .2
    肺がん・食道がんの最新医療と緩和ケア」

日 時 :2017年3月26日(日)13:00~16:30
場 所 :朝日新聞アサコムホール
     大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー12階
参加費 :無料
定 員 :150名
申込方法:氏名(フリガナ)、電話番号、参加人数(氏名)、FAX番号またはメールアドレス記しFAX(06-6354-3546)またはメール(info@osaka-anavi.jp)で
内 容
 第1部 講演「進化する肺癌治療」
      関西医科大学附属病院 呼吸器腫瘍内科教授 倉田宝保氏
     講演「食道がん ~予防から最新治療まで~」
      市立豊中病院 消化器外科部長 今村博司氏
 第2部 講演「がんになっても自分らしく生きるために ~緩和ケア~」
      市立豊中病院 緩和ケアセンター医長 佐々原友子氏
     質疑応答・意見交換
主 催 :大阪がんええナビ制作委員会
後 援 :大阪成人病予防協会、大阪対がん協会、産経新聞社、市立豊中病院、
     泉州がん医療ネットワークーム、西日本がん研究機構

▼詳細はチラシをご覧ください。(PDFファイル)

小笠原望氏講演会・対談 (2017年2月4日 掲載)
いのちを抱きしめる  ~つながるこころ、つながることば~

■日時:平成29年3月5日(日) 午前の部 10:00~11:45  午後の部 13:00~14:45
■場所:A&Hホール   豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル4階
■テーマ「いのちを抱きしめる ~つながるこころ、つながることば~」
■内容
 (第1部) 小笠原望氏講演
      「田舎医者」がみつめるいのちと介護の現場 ~ドラマだらけの臨床から~
 (第2部) 小笠原望氏、川名紀美氏対談
      「いのちを抱きしめる ~つながるこころ、つながることば~」
■主催:朝日新聞社  (後援 大阪対がん協会)

▼詳細(申込方法含む)はチラシをご覧ください。(PDFファイル)

あけぼの大阪  (2017年1月30日 掲載)
「正しく知ろう! 乳がんのこと」 ~検診から最新治療まで~ 

日 時 :2017年3月11日(土)13:00~16:00
場 所 :ドーンセンター
     大阪市中央区大手前1-3-49
参加費 :無料
募集人数:先着150名
申込方法:住所、氏名(ふりがな)を記し以下のいずれかの方法で
     FAX(06-6736-2167) 代表・中田圭子あて
     メール(akebonoosaka@yahoo.co.jp) 事務局あて
     TEL(090-5131-3323) 事務局・芝本恵子あて
     締切 2月28日
内 容
 ■歓迎のごあいさつ:ワット 隆子(あけぼの会会長)
           中田 圭子(あけぼの大阪代表)
 ■講演Ⅰ「賢い病院のかかり方・医療の受け方」
     早川 昌子 先生(リエゾン精神看護専門看護師)
 ■講演Ⅱ「正しく知ろう!乳がんのこと」
     相原 智彦 先生(相原病院 理事長)
 ■癒しの時間をあなたに♪♪
     ピアノ 西村 佳子さん(京都市立芸術大学卒業、フランス音楽コンクール第2位他)
 ■質問コーナー 
 ■閉会(16:00)予定

主催:あけぼの大阪
後援:大阪対がん協会他

▼詳細はチラシをご覧ください。(PDFファイル)

2017年NPO法人がんと共に生きる会 第1回公開講座in大阪
「がん患者のスピリチュアル・ケア」 (2017年1月30日 掲載)

日 時 :2017年2月12日(日)14:00~16:30
場 所 :朝日新聞大阪本社アサコムホール
     大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー12階
参加費 :無料
募集人数:150名
申込方法:参加人数、氏名(ふりがな)、メールアドレス、電話番号、FAX番号などを記し
  FAX(06-6354-3473)またはメール(info@cancer-jp.com)で
内 容
 ■講演(14:00~):「よく生きること~スピリチュアル・ケア~」
    進藤 喜予氏(市立東大阪医療センター緩和ケア内科主席部長)
 ■講演(15:00~):「外からがんのスピリチュアル・ケアを高める」
    平岩 正樹氏(医師)
 ■ディスカッション(16:00~) 
 ■閉会(16:30)予定
主催:NPO法人がんと共に生きる会
協力:NPO法人大阪がんええナビ制作委員会
後援:大阪府、朝日新聞社、産経新聞社、大阪対がん協会他

▼詳細はチラシをご覧ください。(PDFファイル)

第23回大阪がん検診治療研究会(2017年1月13日 掲載)

第23回大阪がん検診治療研究会
■日時:平成29年2月18日(土) 14:30~17:20
■場所:千里ライフサイエンスセンター6階(千里ルームA)
     豊中市新千里東町1-4-2
■テーマ「乳がん・大腸がん検診における新たなモダリティとその問題点」
   超音波による乳がん検診の有効性と問題点 J-STARTの結果から
     古川クリニック院長  古川 順康先生
   超音波検査による乳がん検診の有効性比較試験(J-START)の結果について
     大阪大学大学院医学系研究科 予防環境医学専攻
     社会医学講座 環境医学  教授 祖父江 友孝先生
   大腸がんの検診・精密検査を変えるか? 大腸CT検査のエビデンスと標準化
     国立がん研究センター 社会と健康研究センター 検診開発研究部
     検診機器・システム開発研究室  室長 永田 浩一先生
   新しい検診法の評価方法
     国立がん研究センター 社会と健康研究センター 検診研究部
     部長 斎藤 博先生 
■参加費:医師(2,000円)、医師以外(無料)
■主催:大阪がん検診治療研究会
     〒560-0082 豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル3F
        阪本胃腸・外科クリニック 大腸がん検診治療研究所内
           TEL:06-6834-1834   FAX:06-6834-1798
(後援 大阪対がん協会)

大阪対がん協会セミナー        (2016年12月9日掲載)
「もうひとつの人生を拓く」 ~在宅医療について考える~

日 時 :2017年1月21日(土)14:00~16:00
場 所 :朝日新聞大阪本社アサコムホール
     大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー12階
参加費 :無料
募集人数:先着110名
申込方法:氏名(ふりがな)、住所、電話番号、FAX番号を記し

     FAX(06-6201-8615)またはメール(office@osakacancer.jp)で
内 容
 総合司会:辻󠄀 恵美子(大阪対がん協会理事)
 ■開会挨拶(14:00~):松浦 成昭 (大阪対がん協会会長、大阪府立成人病センター総長)
 ■基調講演(14:05~):長尾 和宏 (東京医科大学客員教授)
 ■若手研究者講演(15:00~):古谷 緑(堺市立総合医療センター 看護局 がん看護専門看護師)
 ※当協会が主催する平成27年度がん研究助成奨励金(看護等の部)を受賞されています

― 休憩(15:15~) ―

 ■シンポジウム(15:20~) 「もうひとつの人生を拓く」
  シンポジスト「患者の立場から」 がん体験者として
        「医師の立場から」 長尾 和宏 (東京医科大学客員教授)
        「看護師の立場から」古谷 緑(堺市立総合医療センター 看護局 がん看護専門看護師)
 ■閉会(16:00)予定

主 催 :大阪対がん協会
後 援 :朝日新聞社 (予定)

▼詳細はチラシをご覧ください。(PDFファイル)

市民公開講座     (2016年10月14日掲載)
「がんになる前にがんを知る」 ~がん免疫療法~

日 時 :2016年11月19日(土)13:30~16:00
場 所 :大阪市立大学医学部 学舎4階 大講義室
     大阪市阿倍野区旭町1-4-3
参加費 :無料
定 員 :250名
申込方法:氏名(フリガナ)、住所、電話番号、FAX番号、申込人数を記し   
     FAX(06-6941-1246)またはメール(tenma@oybc.co.jp)で
内 容 
 開会挨拶 大阪市立大学医学部付属病院 病院長 平川公聖氏
 第1部  特別講演
      座長:大阪市立大学 腫瘍外科学 教授 大平雅一氏 
      「がん治療新時代~免疫療法は本当に有効か?」
      演者:大阪市立大学 腫瘍外科学 講師 田中浩明氏
 第2部  基調講演
      座長:大阪市立大学 腫瘍外科学 講師 高島勉氏
      「メラノーマ」 大阪市立大学 皮膚病態学  准教授 加茂理英氏
      「肺がん」   大阪市立大学 臨床腫瘍学  特任講師 吉村成央氏
      「泌尿器がん」 大阪市立大学 泌尿器病態学 講師 玉田聡氏
 第3部  Q&Aコーナー
      司会:大阪市立大学 腫瘍外科学 講師 高島勉氏

共 催 :(公財)大阪対がん協会、がん患者サポートの会 ぎんなん、アストラゼネカ(株)
      (株)スヴェンソン、よみうり天満橋文化センター
協 力 :大阪市立大学医学部付属病院 がん相談支援センター
後 援 :(公財)大阪府看護協会、大阪市立大学がんプロフェッショナル養成プラン
     (一社)大阪府訪問看護ステーション協会

▼詳細はチラシをご覧ください。(PDFファイル)

大阪対がん協会セミナー  (2016年8月5日掲載)
「若い時から乳がんを識ろう」 ~乳がんの見つけ方と治し方~

日 時 :2016年9月4日(日)14:00~16:00
場 所 :朝日新聞大阪本社アサコムホール
     大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー12階
参加費 :無料
定 員 :110名、当日参加者限定で先着100名の方にマンモグラフィー検診
     無料クーポン券(40歳以上の女性のみ利用可)をプレゼントいたします
申込方法:氏名(ふりがな)、住所、電話番号、FAX番号を記し   
     FAX(06-6201-8615)またはメール(office@osakacancer.jp)で
内 容
 総合司会:豊田 百合子(大阪対がん協会理事、大阪保健福祉専門学校副学校長)
 ■開会挨拶(14:00~):松浦 成昭 (大阪対がん協会会長、大阪府立成人病センター総長)
 ■基調講演(14:05~):玉木 康博 (大阪府立成人病センター副院長)
 ■若手研究者講演(14:45~):嘉戸 怜子 (大阪大学医学部附属病院看護部
                       がん放射線療法看護認定看護師)
                四方 文子 (大阪医科大学大学院 看護学研究科)
 ※お二人は当協会が主催する平成27年度がん研究助成奨励金(看護等の部)を受賞されています

       ― 休憩(15:15~) ―

 ■シンポジウム(15:20~) 「若いときから乳がんを識ろう」
  シンポジスト「患者の立場から」  乳がん体験者として
        「医師の立場から」  玉木 康博(大阪府立成人病センター副院長)
        「看護師の立場から」 嘉戸 怜子・四方 文子
 ■閉会(16:00)予定

主 催 :大阪対がん協会
後 援 :大阪府、大阪府医師会、大阪府看護協会、朝日新聞社 (予定)

▼詳細はチラシをご覧ください。(PDFファイル)

 

「グループ・ネクサス・ジャパン 血液がんフォーラム2016 in 大阪」(2016年8月27日掲載)

日 時: 2016年9月11日(日)13:00~16:50 (開場 12:30) 
場 所: エル・おおさか 南ホール(南館5階)、研修室2(本館5階)
      〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14【06-6942-0001(南館代表)】
会 費: お一人500円 (事前お申込み不要)
対 象: リンパ腫・白血病・骨髄腫の患者さんやご家族、その他関心のある皆さま

【プログラム】
1.13:00~13:10 開会の挨拶 (南ホール)
  天野慎介(一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン理事長)

2.13:10~14:00 「血液がんについて知ろう」(南ホール) 
  日野雅之 先生 (大阪市立大学大学院医学研究科 血液腫瘍制御学 教授)

 休憩 14:00~14:20 (本館への移動も含む)

3.14:20~15:10「悪性リンパ腫の治療・・・初回治療・再発治療・新規治療まで解説」
         (南ホール) 
  寺田芳樹 先生(医療法人朋愛会 朋愛病院 血液内科部長)

4.14:20~15:10 「白血病・骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫に対する治療の実際」
         (本館研修室2) 
  日野雅之 先生 (大阪市立大学大学院医学研究科 血液腫瘍制御学 教授)

5. 15:10~15:30 「リンパ腫患者の体験談」(南ホール) 
  筏津智子さん(グループ・ネクサス・ジャパン会員)

6.15:10~15:30「MDS(前白血病)患者の体験談」  (本館研修室2) 
  和田よしみさん(HIKARI会役員)

 休憩 15:30~15:50 (南館への移動も含む)

7. 15:50~16:40 「血液疾患の緩和ケア」(南ホール) 
  中尾吉孝 先生 (大阪市立大学大学院医学研究科 臨床腫瘍学 講師)

8.16:40~16:50閉会の言葉 (南ホール) 
  久堀嘉洋・片山環(一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン理事)

【主催】一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン
【後援】血液疾患患者・家族の会HIKARI会、
    NPO法人大阪がんええナビ制作委員会
    グラクソ・スミスクライン株式会社
    大阪対がん協会

▼詳しくはネクサスのホームページをごらんください
 http://group-nexus.jp/nexus/?p=2693

公開講座「シリーズ 難治性がんを考える Part .1
膵がん・スキルス胃がんの最新治療と緩和ケア」(2016年2月21日掲載)

■日 時 :2016年3月21日(月・祝)13:30~16:40
■場 所 :難波市民学習センター 講堂
     (大阪市浪速区湊町1-4-1 OCATビル4階)
■参加費 :無料
■定 員 :120名
■申込方法:氏名(フリガナ)、電話番号、参加人数、FAX番号またはメールアドレスを記し   
      FAX(06-6354-3546)またはメール(info@osaka-anavi.jp)で
■内 容 
 第1部 講演「膵がんと闘うために、何が重要か?」
       大阪府立成人病センター 膵がんセンター内科系部門長 井岡達也氏
     講演「スキルス胃がんを早く見つけ、あきらめずに治療するために」
       近畿大学医学部 上部消化管外科 客員教授
       清惠会病院 名誉院長   古河洋氏
 第2部 講演「痛み・つらさをがまんしないで ~緩和ケアを知っておこう~」(仮題)
       和泉市立病院 緩和ケア認定看護師 岩谷里佳子氏
       質疑応答・意見交換
■主 催 :大阪がんええナビ制作委員会
■共 催 :泉州がん医療ネットワーク
■後 援 :大阪成人病予防協会、大阪対がん協会、関西がんチーム医療研究会
     産経新聞社、吹田市民ホスピス塾、西日本がん研究機構

▼詳細はチラシをご覧ください。(PDFファイル)

第22回大阪がん検診治療研究会  (2015年12月20日掲載)
 テーマ「対策型内視鏡検診」

■日時:2016年2月20日(土)14:30~17:40
■場所:千里ライフサイエンスセンター6階(千里ルームA)
      豊中市新千里東町1-4-2
■テーマ「対策型内視鏡検診」
◇基調講演
 有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン 2014年版に関する講演
 国立がん研究センター 検診研究部 検診評価研究室 室長 濱島ちさと先生
◇自治体からの現状報告
 新潟市医師会における内視鏡検診の現況に関する演題
   新潟県立がんセンター新潟病院  成澤林太郎先生
 金沢市医師会における内視鏡検診の現況に関する演題
   城北病院(金沢市)院長     大野健次先生
■申し込み:参加自由
■参加費:医師(2,000円)、その他(無料)
■主催:大阪がん検診治療研究会
     〒560-0082 豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル3F
       阪本胃腸・外科クリニック 大腸がん検診治療研究所内
          TEL:06-6834-1834   FAX:06-6834-1798

▼大阪がん検診治療研究会のサイト